CSR

社会のために

お客様のために

photo

運転免許返納割引制度の実施三重交通、名阪近鉄バス、三交伊勢志摩交通、
三重急行自動車、八風バス

三重交通グループの乗合バス事業者4社(三重交通、三交伊勢志摩交通、三重急行自動車、八風バス)では、2017年3月より運転免許返納者を対象としたバス運賃割引制度を拡充しました。(制度の内容:下記①,②,③)また、名阪近鉄バスにおいても2017年10月より同制度を実施しています。(制度の内容:下記①)

<割引制度の内容(運転経歴証明書の提示が必要)>
① 本人及び同伴者1名のバス運賃が1乗車毎に半額(他割引と併用不可)
② フリー定期券「セーフティパス」の購入
③ 本人及び同伴者1名のバスツアー商品「三交パルック」「三交バスハイク」の旅行代金が5%割引

photo

バスロケーションシステムの導入三重交通

三重交通では、無線通信やGPSなどを利用してバスの位置情報をリアルタイムに確認できる津・四日市・鈴鹿・亀山地区の「バスロケーションシステム」を導入しています。このシステムにより、道路状況が混雑している場合や天候により遅れが出ている場合などに、バスの位置情報をすぐにご確認いただけます。

photo

photo

photo

運賃表示器の外国語表記と案内の充実三重交通

三重交通は2017年4月より、外国人利用者の利便性向上と多様な液晶表示による旅客サービス向上を目的として、乗合バス全車の運賃表示器を新型の液晶表示器に変更し、英語・中国語(簡体字)・韓国語・ひらがなを加えて多言語表示を開始しました。さらに、車内事故防止の注意喚起やバスに係るサービスの案内を充実させて表示するようにしました。

photo

外国語表記フロア案内パネルの設置三交クリエイティブ・ライフ

東急ハンズANNEX店では、外国人のお客様へ向けたサービス向上の一環として、外国語表記(3種2カ国語:英語、北京語、広東語)のフロア案内ボードを2017年7月より設置しています。客数全体の約1割を占める外国人旅行者が、よりスムーズにお買物ができればとの考えで、正面玄関や各フロアのエレベーターホールを含む計10箇所に設置されています。

photo

バリアフリー対策の推進三交イン

三交インでは、ご高齢や障がいを持つお客様に安心してホテルでの滞在をお楽しみいただくための取り組みを進めています。7店舗でユニバーサルルームの提供やシャワーチェアの設置をしているほか、全店舗で車椅子ご利用のお客様のスムーズな移動のため店舗出入り口のスロープ化、車椅子の貸し出しなどバリアフリー対策を推進しています。

地域のために

photo

義援金で被災者・被災地の復興支援三重交通グループホールディングス

三重交通グループホールディングスをはじめとするグループ26社は、被災者・被災地の復興支援に役立てていただきたく役員・社員から義援金を募り、三重交通グループホールディングス拠出金とあわせて、1千万円を熊本県に寄付しました。

photo

盲学校へスクールバスを寄贈三重交通グループホールディングス

三重交通グループホールディングスは2016年10月2日に迎えた設立10周年を記念して、2017年5月、三重県へいすゞ自動車製のマイクロバスを寄贈しました。寄贈したマイクロバスは三重県立盲学校のスクールバスとして使用されることとなりました。

photo

ネーミングライツの取得三重交通グループホールディングス

三重交通グループホールディングスは、社会貢献の一環として2014年10月より「三重県鈴鹿スポーツガーデン(鈴鹿市)」と「三重県営総合競技場(伊勢市)」のネーミングライツ(命名権)を取得しています。
両施設は「三重交通G スポーツの杜 鈴鹿/伊勢」として現在運営されており、スポーツ振興のための事業や施設の維持管理に貢献しています。

photo

熊野古道清掃活動の実施三重交通グループホールディングス

三重交通グループホールディングスは、三重交通グループ70周年記念事業として、2014年3月、世界遺産である熊野古道伊勢路通り峠・丸山千枚田の清掃活動、丸山千枚田の景観づくりのボランティア活動を行いました。

photo

「バスの乗り方教室」の開催三重交通、名阪近鉄バス

三重交通は、園児や小学生とその保護者を対象に、バスの乗り方教室(行先表示の見方、バス乗降の仕方や車いすの乗車体験など)を随時開催しています。その他、運転士の点呼風景やバス整備工場の見学、洗車体験の実施など、様々な形でバスとのつながりを体験していただけます。
また、高齢者を対象にした教室も随時実施しており、バスに安全に乗っていただく為の適切な利用方法を、体験を交えながら学んでいただいています。

名阪近鉄バスは、「大垣市のりものフェア」において、来場者に対し乗り方教室や乗車体験などを行い、バスに対する親近感と理解を深めていただいています。

photo

地元素材の活用と雇用の創出三交不動産

三交不動産の戸建住宅で使用する木材は、創業以来地元大台町の木にこだわってきました。それは地域と共に歩んできた歴史です。未来を見据えて山を育てる宮川森林組合から良質な木を確保し、大台町と第三セクターのプレカット工場(株式会社エム・エス・ピー)を設立し、加工における品質に責任を持つとともに地元に雇用を生み出しています。地域密着の姿勢が高い評価をいただいています。(2014年度グッドデザイン賞特別賞 「グッドデザイン・地域づくりデザイン賞」受賞) 

photo

清掃活動への参加三重交通商事

三重交通商事は、2017年6月に、コスモ石油が主催する、「コスモアースコンシャスアクト・クリーンキャンペーンin答志島」に参加、自然と親しみながら清掃活動を行いました。「アースコンシャス~地球を愛し、感じるこころ」をテーマに「より自分らしくあるために、楽しみながら、地球にも自分にもやさしい暮らしを選んでいこう」というコンセプトで活動をしました。

photo

災害時待避場所の提供三交興業

名阪国道において、大雨・大雪・地震などの災害発生で関インターチェンジの通行止めが実施された際、周辺道路の混雑や渋滞が発生しています。このインターと隣接する名阪関ドライブインでは、混雑を回避するため一部の駐車場を通行止め時待避場所として提供しています。

PAGE TOP