社長あいさつ

photo

グループの総合力で持続的な成長を
目指します

photo

三重交通グループホールディングス株式会社​

代表取締役社長   原恭

平素より三重交通グループの事業に対し、格別のご理解を賜り誠にありがとうございます。​

当社は、三重交通グループを統括する純粋持株会社として、グループの基本戦略を計画・遂行するとともに、各社・各事業の経営活動を推進・支援しております。三重交通ブランドの信用力を基に、運輸、不動産、流通、レジャー・サービスの異なる4つの部門が連携し、相互に補完しながら、持続的な成長を目指してまいります。​

2021年3月期決算は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、運輸やレジャー・サービス業を中心に大きな影響を受ける中、経費の削減などを徹底して収益確保に努めましたが、最終純損失を計上するなど、厳しい結果となりました。​

2021年度以降につきましても、引き続き経費の節減や、あらゆる増収対策を講じ、収益確保に取り組んでまいります。具体的には(仮称)第2名古屋三交ビルの建設(2024年度予定)や、売却型賃貸マンションの建設などによる賃貸事業の強化、DXの推進などにより生産性の向上を図り、中期経営計画(2019年-2022年)の達成を目指してまいります。​

また、今後のコロナ禍からの回復に合わせて速やかに業績を回復できるよう、ウィズコロナ・アフターコロナの新しい人々の価値観やライフスタイルの変化を的確にとらえて機動的に対応できるグループへと進化すべく、事業構造の改革についても取り組んでまいります。​

皆様におかれましては、さらなるご支援とご協力を賜りますようお願い申しあげます。 ​

2021年6月

PAGE TOPPAGE TOP