社長メッセージ

持続的な成長・発展を実現するため、攻めの経営を推進します。

代表取締役社長 小倉敏秀
代表取締役社長
代表取締役社長 小倉敏秀

株主の皆さまには、平素から当社グループの事業に対し、格別のご理解を賜り誠にありがとうございます。

また、相次ぐ自然災害により被災された皆さまにお見舞いを申しあげますとともに、被災された地域が一日でも早く日常生活を取り戻せるよう、心からお祈り申しあげます。

さて、当上半期は、三重県内では5月の改元・10連休の祝賀ムードを背景に、伊勢神宮をはじめ各地が活況を呈しました。さらに、新名神高速道路の新四日市JCT~亀山西JCT間が開通するなど、道路ネットワークのより一層の充実は、当社グループの運輸・レジャー部門の事業好機となりました。また県外では、京都駅八条口にビジネスホテル三交インを開業し、チェーン展開を拡充しました。その他、各セグメントにおいても積極的に事業を推進した結果、前年同期に比較して増収・増益となり、期初の予想を上回ることができました。

なお、株主の皆さまへの利益還元の機会を充実させるため、今期は中間配当を実施いたしました。中間配当金は、当初の予定通り1株当たり5円とさせていただき、期末配当金(5円)と合わせた年間配当金は前期から1円増配の10円となる予定です。

引き続き、グループの総合力を結集した事業展開を推進し、株主の皆さまをはじめ、お客さま、地域の皆さまのご期待に応えてまいる所存です。今後も一層のご指導、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

2019年(令和元年)11月

PAGE TOPPAGE TOP