社長メッセージ

持続的な成長・発展を実現するため、グループの総合力を結集した経営を推進します。

代表取締役社長 原恭
代表取締役社長
代表取締役社長 原恭

株主の皆さまには、平素より当社グループの事業に対し、格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

当期は、一昨年来続く新型コロナウイルス感染症の新たな変異株出現に伴い、緊急事態宣言等の感染拡大防止措置が実施されたことにより、人流が大幅に抑制されるなど厳しい経営環境が続きました。しかしながら、需要や時勢に合致したサービスの提供に努めるとともに、コスト削減など事業構造の見直しを行ってまいりました結果、前期に比較して増収、営業利益・経常利益は大幅な増益となり、2期ぶりに当期純利益の計上を行うことができました。

当社グループでは、賃貸事業において、令和6年春の開業を目指し、本年1月に「(仮称)第2名古屋三交ビル」の建設工事を開始するなど、注力分野を中心に事業を推進しました。

そのほか、当社グループの“信用・信頼の源泉”となるバス事業では、令和3年4月に三重県伊勢市で定期運行を開始した連節バスの運用拡大を図るべく、同県内の四日市市や桑名市において試験走行を行うなど、さらなるお客さまの利便性向上へ向けた取組みを行いました。

今後も中期経営計画の基本方針である「安全・安心・安定・快適なサービスの提供」を行いながら、コロナ禍以前の成長軌道への回帰を目指す所存です。さらには、近年重要視されているサステナビリティへの取組みを加速させ、社会課題解決とさらなる企業価値の向上に努めてまいります。

なお、当期の配当金につきましては、期末配当として1株につき4円とし、中間配当4円と合わせた年間配当は、前期比3円増配の8円といたしました。また、次期につきましては、コロナ禍以前と同水準である年間配当10円とし、うち5円を中間配当とさせていただく予定です。

株主の皆さまにおかれましては、一層のご指導、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

令和4年6月

PAGE TOPPAGE TOP