環境
生物多様性への取組み

三重交通グループでは、
豊かな自然を未来につなぐため、
グループ一体となって環境負荷低減に
取り組んでいます。

sdgsアイコン14
sdgsアイコン15

「みえ生物多様性パートナーシップ協定締結」(三交不動産)

三交不動産は、「みえ生物多様性パートナーシップ協定」における絶滅危惧種に指定されているカワバタモロコの保護活動の一環として、2019年4月に大仏山メガソーラー発電所内のビオトープへカワバタモロコを放流いたしました。当日は、三重大学、鳥羽水族館、地元小学生をはじめ約50名が参加し、三重大学生物資源学部の河村功一教授からカワバタモロコの生態等について説明がありました。

カワバタモロコ
カワバタモロコ

植樹活動の実施(御在所ロープウエイ)

御在所ロープウエイは企業等が社会貢献事業の一環として実施している御在所岳山上公園での植樹に積極的に協力しています。2020年は感染症の影響で企業の直接参加が中止となりましたが、同年10月に企業で育成された苗木がNPO法人によって植樹されました。

植樹活動の様子
植樹活動の様子

「NAGOYA the TOWER」ABINC「いきもの共生事業所® 認証」取得(三交不動産)

三交不動産を含む計6社の共同事業で現在建設中の分譲タワーマンション「NAGOYA the TOWER」において、一般社団法人いきもの共生事業推進協議会(以下、ABINC)による「いきもの共生事業所®認証」を取得しました。

本制度では、敷地面積の約70%に樹林地や草地を配した緑豊かな外構計画、自然観察会の推進計画などが高い評価を受けました。

  • ABINC認証事業所:いきもの共生事業所®推進ガイドラインの考え方に沿って計画・管理され、かつ土地利用通信簿で基準点以上を満たし、当審査過程において認証された事業所のこと。
NAGOYA the TOWER 外観(完成イメージ)
NAGOYA the TOWER 外観(完成イメージ)
NAGOYA the TOWER ランドスケープ(完成イメージ)
NAGOYA the TOWER ランドスケープ(完成イメージ)
PAGE TOPPAGE TOP